モスクワ行きの格安ツアー一覧はコチラ

ロシア シベリア鉄道に乗ろう!

スポンサード リンク

ロシア旅行と言えば、シベリア鉄道を連想される方も沢山いるんじゃないでしょーか?勿論オイラもその一人でロシアといえばシベリア鉄道でユーラシア大陸横断!とすぐに連想してしまうクチです。ここでは最も基本的な日本からバウチャーを作成してシベリア鉄道に乗車する方法を紹介して行くよ。

まずロシア国内を旅するにはバウチャーが必要なので、バウチャーの作成から始めます。とはいえ個人的にバウチャーを作成するのはロシア現地と連絡を取り合ったりといったかなり面倒な手続きがあるので、基本的にはロシア旅行を得意としている旅行代理店にお願いすることになるよ。ちなみnバウチャーが無いとビザは取れないよ。

「っていうかバウチャーってなに?」という声が聞こえてきそうなので簡単に説明させてもらいます。バウチャーはいわばクーポン券だよ。つまり日本で予め、ロシアまでの飛行機や船、そしてロシア国内の交通と宿泊先、さらにロシアを出て行く飛行機や鉄道を予め全て予約して、支払いを済ませ、バウチャーを取得しないとビザが取れません。なんとなくわかった?

ようは入国から出国までの全ての交通と宿泊を支払ってからじゃないと入国させないよーってことです。

それじゃあ手続きを代行してくれる日本の代理店を紹介しておきます。

まずロシアで行ってみたい場所を決めて、何日間滞在するか?を代理店の方と相談して決めてしまいましょう。ちなみにオイラは富山の伏木からウラジオストックまで船で渡り、ウラジオストックに1泊→イルクーツクに1泊→モスクワに2泊→サンクトペテルブルクに1泊しました。

正直、富山の伏木からの船は船酔いがめちゃめちゃしんどいので飛行機でウラジオストックやハバロフスクに行ってしまった方が日程も短縮できるし良いかもしれないです。ちなみに富山の伏木からの船は全食事付きでしたよ。船酔いで2食しか食べれなかったけどね・・。

イルクーツクではバイカル湖を訪れる予定だったのだけど、ウラジオストックからのシベリア鉄道の到着が6時間遅れ、出発が4時間遅れ、そしてイルクーツクへの到着が9時間遅れだったということで結局訪れることが出来なかったので、どーしても行きたい人は2泊する方が良いかも知れないっすね。ただイルクーツクの街自体はとても小さいので、順調に日程がはかどってしまうと時間をかなり持て余すハズ。

モスクワはクレムリンをじっくり回ったり、街歩きをするのなら2泊はしたい。但しサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館にも行き、日程の配分に迷うようならサンクトペテルブルクに割り振った方が良さそう。あくまでコレは好みですが・・

サンクトペテルブルク(旧レニングラード)は、エルミタージュ美術館がメインディッシュだけど、他のロシアの街とは違った優雅な雰囲気の街並みを歩くだけでも楽しいっす。但し・・列車でエストニアのタリンへと出られる方などは事前に出発駅を確認しておいたほうが良いですよ。ちなみにオイラの時はイキナリ変更されてて、乗り遅れそうになり、かなり怖い思いをしました。

最後に・・・
未確認情報というか他の旅人からの情報によると、日本からヨーロッパ方面にシベリア鉄道に乗るよりも、エストニア等から西から東へと向かうシベリア鉄道の方がビザも早く出るみたい。
また香港の旅行代理店からモンゴルのウランバートル方面から乗るシベリア鉄道も日本から乗るよりはかなり安くあがるという情報があります。但し代理店のスタッフは恐らく現地の人だと思うので、言葉の問題も考えると初めてのロシア旅行という方には難しいかもしれませんね。まぁそういう噂もあるよーってことで。

スポンサード リンク



■ロシア旅行に行こう!
■ロシア基本情報
■パスポートを取ろう
■パスポート取得窓口一覧
■ロシアビザについて
■ロシアビザ取得方法
■ロシアに飛行機で行こう!
■成田空港に行こう!
■ロシアに船で行こう!
■シベリア鉄道に乗ろう!
■ロシア料理について
■海外旅行傷害保険に入ろう!
■ロシア旅行のトラブルについて
Copyright(C)ロシア旅行に行こう! All Rights Reserved